求人をお探しの保健師さんへ

保健師の需要は年々高まっています。

保健師求人特集 ※理想の職場に出会う方法へのご訪問ありがとうございます。メタボ改善などの健康管理への注目や、介護業界の人材不足、また少子高齢化などの背景もあり、保健師という仕事へは年々関心が集まっています。また保健師の労働環境やワークタイムバランスの改善も見直されており、より良い環境で働きたいと感じる保健師も多い思います。

 

転職の第一歩として、業界の動向をや社会背景を把握することも重要です。その為に『転職支援サービス』の利用は有意義といえるでしょう。ナースフルや、ナース人材バンク、ナースではたらこなど、優秀な転職支援サイトがあります。自分のキャリアの再確認をする意味でも一度ご利用してみてはいかがでしょうか。

保健師求人サイト人気ランキング

保健師求人探しのポイント

保健師求人探しのポイントですが、どのようなところへ就職によっても大きく違ってきます。ただ漠然と保健師の求人探しをしても、なかなか保健師への転職や就職は難しいかもしれません。保健師して働きたいではなく、何処で働きたいかが大事になってきます。つまり勤務先によって仕事内容も求人探しも随分と異なってくるからです。

 

保健師の求人も市町村の保健所や保健センターなどで働く行政保健師や、民間の会社で従業員の健康管理を行う産業保健師の求人などさまざまです。そのため保健師の求人探しをする場合には、自分がどこで働きたいかをまず決めることが大事です。そうでないと保健師の求人探しも、まったく違ってきます。

 

たとえば行政保健師になりたいとしたら、公務員試験を受けて合格する必要があります。公務員も国家公務員と地方公務員とありますが、法改正でこれまで国家公務員だった保健所の行政保健師も方公務員になりました。仕事の内容は変わりませんが、保健所の管轄は都道府県になります。そのため市町村の保健所や保健センターなどで働きたい場合は、各都道府県のホームページや広報誌を常にチェックしましょう。

 

ホームページや広報誌の他にも、ハローワークにも行政保健師の求人情報はあります。ただ各地方自治体によって採用予定人数も違い、さらに必ずしも毎年求人があるわけではありません。地方自治体によっては毎年コンスタントに保健師の求人を行っているところもありますが、欠員が出た場合のみ求人をする地方自治体もあります。

 

保健所や保健センターなどで働く、行政保健師だけが公務員ではありません。保健師のなかには警視庁や学校で、活躍している保健師の方も大勢います。同じ公務員でも警視庁の保健師の求人は、警視庁のホームページに記載されます。警視庁も地方自治体と同様に、採用予定人数は毎年違います。公務員の保健師の場合は基本的に新卒を採用する傾向があるため、多くのところが30歳ぐらいまでの年齢制限が設けられているのでこれも要チェックです

 

産業保健師の求人場合にはハローワークや求人誌にも掲載されますが、保健師の求人は看護師と比べると少ないのが現実です。さらに保健師の求人は人気があり、たとえハローワークや求人誌などに掲載されてもすぐに採用が決まってしまいます。保健師の求人探しであれば、保健師の転職サイトがお勧めです。保健師の転職サイトには一般に公開されていない保健師の求人もたくさんあります。まずは保健師の転職サイトに登録してみては如何でしょうか。

求人をお探しの保健師さんへ

保健師の求人は、比較的良好と言えます。看護師と比べれば求人数は少なくなりますが、それでも需要に供給が追い付いていないという現状があるようです。

 

保健師の求人は安定的にあり、ほかの求人と比べると待遇も良い募集が多くなっています。
保健師が不足しがちな現状に加え、専門性の高い仕事だからです。保健師に憧れる看護師も多く、ステップアップをめざして勉強する方も増えています。

 

保健師の仕事には、大きく分けて3種類あります。行政保健師・産業保健師・学校保健師です。行政保健師は公務員として働く保健師、産業保健師は企業で働く保健師、学校保健師は大学などで働く保健師です。

 

経験豊富な保健師は、講演会の講師を依頼されることもあります。経験の浅い保健師に対する講義だけでなく、健康フォーラムなどでの啓蒙活動なども行います。
生活習慣病が大きな問題となっている昨今、日本人の「予防」に対する意識が高まり、保健師の存在が欠かせなくなっています。

 

これからも保健師の活躍への期待は高まると予想されます。活躍の場が広がるとともに、需要も高まるのではないでしょうか。一般の求人情報誌やサイトに載る保健師の求人情報は、多くありません。保健師の求人を探すには、医療系専門の転職支援サービスを利用しましょう。

 

この転職支援サービスは、コンサルタントが求人探しを代行するサービスです。条件を伝えると、コンサルタントがそれに合う求人情報を探して、紹介してくれます。

 

非公開の求人には良い待遇の募集も多く、登録すれば、自分の理想の職場が見つかる可能性が高くなります。

 

転職支援サービスは、求人情報を紹介するだけではありません。面倒な手続きや、個人では難しい待遇についての交渉なども代行してくれます。面接対策や書類作成についても支援してくれますので、スムーズに進み、成功率も高くなります。

 

在職中で転職先を探す時間がなかなか取れない方や、看護師から保健師へステップアップを考えている方には、特におすすめです。登録は無料ですし、気に入る案件がなければすぐに転職する必要もないので、複数の転職支援サービスに登録しておいてじっくり吟味するのも良いかもしれません。

 

自分のスキルを磨けるような転職や自分に合った職場などを、コンサルタントに提案してもらうこともできます。転職には、期待と同時に不安や悩みも感じるものですし、相談できる相手がいるというのは心強いものです。ひとりで考え込んでしまう前に、転職支援サービスを上手に利用していきましょう。