学校保健師の求人情報

学校保健師の求人情報

近年看護師の方を中心に人気の保健師のお仕事も、主に行政保健師・ 産業保健師・学校保健師などあります。そこで今回は私たちが小学生や中学生の頃に保健室の先生と呼んでいた、学校保健師についてご紹介します。実は養護教諭も、学校保健師のひとつなのです。

 

ただ児童や生徒の心身の健康管理を行う養護教諭ですが、教育委員会の採用試験か私立学校の採用試験に合格すると養護教諭になることができます。つまり教育職員免許法にある、養護教諭免許状が必要になります。さらに養護教諭免許状にも1種と2種の2つの免許があり、1種免許は教員養成系大学の養護教諭養成課程や看護大学などで取得できます。また2種免許は、短大などで取得できます。

 

一般の他の先生と同じく教員免許状を持っている養護教諭ですが、看護師の方も養護教諭になることができます。養護教諭になるには文部大臣が指定する養護教諭養成施設に1年以上在籍し、所定の養護に関する科目及び教職に関する科目の単位を修得する必要があります。

 

養護教諭の歴史は古く、明治38年までさかのぼります。明治38年はトラコーマという結膜炎の一種が大流行した年で、この年に学校看護婦が始まったのです。学校看護婦とはトラコーマ予防の対策のために主に洗眼するのが仕事で、現在の養護教諭の仕事とは全然違う仕事内容でした。その後学校看護婦から現在の養護教諭へと変化を遂げたのです。

 

そのため小学校・中学校・高校には養護教諭が配置され、大学や専門学校などには学校保健師が配置されます。少し分かりづらいかもしれませんが学校の児童生徒や職員の健康の保持増進を図るために、学校保健法でこのように定められています。いずれにしても養護教諭も学校保健師も仕事内容はほとんど一緒で、生徒や教職員の健康の維持と増進です。

 

学校保健師の求人募集ですが、保健師の求人情報は少ないのが現実です。しかしもし学校保健師になりたいと真剣に考えているのであれば、保健師の転職支援サービスへの登録をお勧めします。保健師の転職支援サービスであれば大学や専門学校などだけでなく、大学の医務室や保健センターなどでの求人募集も持っています。

 

特に保健師の求人情報の場合は、一般的なハローや求人情報誌などではなかなか見つけることができません。保健師の転職支援サービスなどでも保健師の求人情報は、非公開になっている案件が多いのです。まして大学の医務室や保健センターなどでの求人案件は尚更です。

保健師求人サイト人気ランキング