看護師と保健師

看護師と保健師の求人は売り手市場

人口の高齢化や、複雑化する医療と福祉の現状から、看護師や保健師に対する社会的ニーズは高まっています。
医療制度改革によって特定健診制度や特定保健指導も始まり、看護師や保健師の需要はどんどん増加しています。

 

日本は今、高齢化によって介護福祉や介護ケア施設の需要が高まっています。特に少子化が進んでいる今、家族だけでは高齢者のケアが充分にできないことも多く、支援を必要としている人が増えています。そして、介護福祉や介護ケア施設には、看護師や保健師の存在が不可欠です。

 

また、日本人の食生活が豊かになった反面、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の患者が増加しました。保健師による食生活などの指導を必要とする人が増えているのです。

 

このようにニーズが高まる一方で、看護師や保健師の供給が追い付いていないという現状があります。
資格を持つ方が不足しているのです。さらに、今後もニーズは増えていくだろうと予測されています。

 

こうした状況から、看護師と保健師の求人は売り手市場となっています。求職より求人の方が多くなる傾向があるということです。需要に供給が追い付かなければ物価が上がるのと同じで、求人に対して求職が少なければ待遇が良くなります。

 

看護師や保健師の資格を持っていると、就職先がいくつも見つかります。どこを選ぶのがいちばん良いのか、なかなか判断できないこともあるでしょう。

 

ここでひとつ、求職する側として気をつけておきたいことが、求人情報の質です。人材を獲得したいために、誇大な宣伝で募集する企業があるのも事実です。

 

誇張された求人を避けるためには、医療系専門の転職支援サービスを利用するのがおすすめです。
昨今の主流となっているコンサルティング型の転職支援サイトは、求職者の希望に沿った求人情報を紹介してくれます。離職する可能性の高い求人は避けて情報を提供してくれますし、一般には公開しない非公開求人情報もあるので、より自分に合った職場を選べる可能性が高まります。

 

一般の求人情報誌と違い、医療系専門の転職支援サービスでは、看護師や保健師の市場動向に精通している専任スタッフからアドバイスが受けられます。登録から紹介、就職まですべて無料のサービスがほとんどなので、複数登録しておくのも良いかもしれません。

 

求人の質を個人で見極めることは、なかなか難しいものです。医療系専門の転職支援サービスを活用し、後悔しない転職、やりがいのある職場を見つけましょう。

保健師求人サイト人気ランキング