一般企業の保健師

一般企業の保健師求人情報

一般企業でも、保健師を募集しています。一般企業で働く保健師は、産業保健師と呼ばれています。

 

一般企業では、医務室での仕事や健康診断が、保健師の主な仕事になります。
大手企業のなかには産業医や産業看護師を雇っているところもあるので、会社によって仕事内容に多少の差はありますが、予防がメインになる保健師は、ほとんどの場合、健康相談などの従業員に対する健康管理を任せられることになります。

 

企業への就職を希望する保健師は多く、求人が出ると応募が殺到することも多々あります。条件が良い場合には、何十倍という倍率になることもあるようです。

 

待遇は、企業や仕事内容によって大きく変わります。求人の募集記事や面接で、よく確認しておくと良いでしょう。

 

年収は就職する企業によって倍近い差が出る場合もあり、就職先や就業条件によって大きな違いがあります。
一般社員と同じような扱いになるので、勤務時間も従業員とあまり変わりません。残業もない場合が多く、毎日同じリズムで働くことができます。

 

企業の規模によって、数人の保健師を雇っている企業もありますが、ひとりの場合がほとんどです。数人雇っていても、それぞれ別の仕事を割り当てられていることが多く、お互いの仕事に干渉せずに働いているケースの方が多いようです。ひとりで仕事をするのは大変な面もありますが、やりがいのある仕事とも言えます。

 

企業への就職希望者が多いのは、初心者や未経験者でも応募できるから、という理由もあります。病院などでは経験が重視されがちなのに対し、企業ではそれぞれ要求されるスキルの違いがあり、未経験者でも企業の要求に合えば雇ってもらえることが多くあります。自分に合った働き方や仕事内容を選びやすく、スキルアップのために企業への就職を希望する方も少なくありません。

 

産業保健師として働くなら、ハローワークよりも、保健師専門の転職支援サイトで就職先を探すのがおすすめです。ハローワークでは産業保健師の募集はあまり出ませんが、保健師専門の転職支援サイトには保健師を募集している企業や、医療関連企業とのコネクションを持つ転職支援サイトも多く、非公開の募集もあります。倍率が高くなってしまう可能性はありますが、条件の良い企業も見つけやすくなります。

 

自分の希望を伝えれば、条件に合う企業の紹介や、面接対策、休暇や給与の交渉などのサポートを受けられる転職支援サイトもあります。ひとりで悩むよりも、自分の希望する職場が見つかる可能性が広がります。

保健師求人サイト人気ランキング