契約社員の保健師

契約社員の保健師求人情報

保健師と一言でいっても、保健師の種類や雇用形態も実にさまざまです。保健師という言葉はよく耳にしますが、いったいどんなお仕事なのでしょうか?保健師助産師看護師法の定義だと、「厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて保健指導に従事することを業とする者」だそうです。

 

もっと分かりやすく説明すると看護師の国家試験に合格するか、看護師の国家試験の受験資格があり、さらに保健師学校などを卒業して保健師国家試験に合格する必要があります。つまり看護師の資格を持っていて、さらに保健師の国家試験に合格する必要があるのです。ただ看護大学などでは看護師と保健師のカリキュラムを同時に学び、卒業と同時に看護師と保健師の国家試験受験資格が与えられます。

 

以前は保健婦助産婦看護婦法で女性のみの職業でしたが、1993年からは名称も保健婦から保健士になり男性もこの分野に参画してきました。さらに2002年からは、現在の保健師の名称になりました。

 

保健師も勤務する場所によって、行政保健師・産業保健師・学校保健師などに大きく分けることができます。ただ実際にはこれらの保健師の他にも、警視庁で働く保健師や訪問看護ステーションなどで働く訪問保健師など、保健師の働き方も多様化しています。

 

たとえば保健師の勤務先として最も人気があるのが行政保健師ですが、行政保健師とは都道府県や市町村で働く保健師のことです。保健師の約7割が都道府県や市町村で働く行政保健師で、都道府県や市町村の行政機関や市町村の保健所や保健センターで働きます。

 

産業保健師とは企業で働く保健師のことで、法律で常時50人以上の従業員がいる事業所は必ず産業医を置く必要があります。労働災害や職場での事故の予防などのために、企業で働く従業員の健康管理や健康増進などを行うのが産業保健師の主な仕事です。

 

学校保健師とは学校保健法という法律で、大学や専門学校などで働く保健師のことです。学校保健法で小学校・中学校・高等学校では養護教諭が配置され、大学や専門学校などには学校保健師が配置されます。

 

最近ではこれらの多くの職場で働く、契約社員の保健師の方が増えているのです。その背景としては不況の影響やさまざまな理由で正社員としての採用が減っていて、保健師の契約社員の募集を行っています。ただ保健師の契約社員の募集のほとんどはハローワークや求人情報誌では見かけません。実は保健師の契約社員の募集は人気があるため、保健師転職支援サービスなどの非公開求人案件がほとんどだからです。

 

契約社員の保健師のお仕事を探すのであれば、保健師転職支援サービスに登録すれば専任のコンサルタントたアドバイザーが非公開の求人案件を紹介してくれるはずです。

保健師求人サイト人気ランキング