健康保険組合の保健師

健康保険組合の保健師求人情報

求人を探すのが難しい健康保険組合ですが、やりがいを感じている経験者が多い仕事でもあります。
事業所と連絡を取り合いながら被保険者や被扶養者の方々の健康促進を考え、実現していくことで、大きく社会に貢献できる仕事です。いくつかの部署との連携が必要になる仕事ですから、多くの経験と高いスキルが求められる仕事です。

 

健康保険組合は、大きく3つの種類に分類されます。企業が作っている健康保険組合、同業者や地域で作る健康保険組合、健康保険組合の連合会です。

 

企業が作る健康保険組合では、ほとんどの場合、その企業の社員が業務につきます。しかし、専門知識が必要なケースもあり、外部から経験者を採用することもあります。

 

同業者や地域が作る健康保険組合でも、外部採用の場合は経験者が優先されがちです。医師や病院からの請求の間違いや不正を見つけるためには、ある程度の医療業務に関する知識が必要になるからです。ベテランになるまでには、かなりの時間と経験が必要な仕事ですから、根気強く続けられる方に向いています。

 

健康保険組合の連合会では、官庁からの天下りや、大手企業からの人材などが優先されているようです。わずかに一般募集も出ていますが、それだけでなく、知人による紹介やコネクションの活用も検討すると良いでしょう。人材バンクや派遣会社に登録してみるのも良いかもしれません。

 

健康保険組合の仕事は、組合員の健康管理がメインになります。
特に企業の場合には、週休2日で残業もないことが多く、子育てをする方にも働きやすい職場環境が魅力です。大手企業や、グループ会社でひとつの健康保険組合を作っていることが多いので、安定した就労を希望する方にもおすすめの職場です。

 

健康保険組合自体は少なくありませんが、求人を自分でたくさん見つけるというのは非常に困難です。競争率も高く、すぐに求人が締め切られてしまうことも多々あります。健康保険組合の保健師募集は、保健師専門の転職支援サイトを通じて行われる事が多いので、保健師求人サービスへの登録を検討してみてはいかがでしょうか。

 

多くの保健師専門の転職支援サイトでは、専任のスタッフが、自分の希望に合う職場を紹介してくれます。これまで健康保険組合で働いた経験がなくても、職場の状況、履歴書の作成や面接対策などについてアドバイスしてくれるサイトもあります。

 

覚えるまでに多くの時間と経験が必要になる仕事ですから、長く働ける職場を選びたいものです。
将来を見据えた職場選びのためにも、保健師専門の転職支援サイトはおすすめです。

保健師求人サイト人気ランキング