地域包括支援センターの保健師

地域包括支援センターの保健師求人情報

地域包括支援センターとは、高齢者が継続的に自立して生活できるよう支援するための施設です。介護保険制度におけるサービスのひとつで、地域全体で高齢者とその周囲の人々を助けていこう、というシステムです。

 

地域包括支援センターは、高齢者に関する相談は何でも受け付けるという仕事です。
高齢者やその家族などから介護や健康、福祉、そのほか生活する上での様々な相談に応じたり、虐待の早期発見に努めたりもします。金銭管理としての成年後見制度の紹介、悪徳商法などの消費者被害にも対応します。

 

高齢者が地域の中で生活がしやすいように、いろいろなサービスを考え、様々な機関とのネットワークを調整するのも、地域包括支援センターの仕事です。介護予防プランを作成し、自立した生活の実現も支援します。

 

各方面のプロが、それぞれの専門知識と経験を活かし、高齢者の住み良い生活のために尽力するのが地域包括支援センターです。

 

スタッフには主任ケアマネージャー、保健師、社会福祉士がいます。主任ケアマネージャーは、支援センターの責任者として、センターの業務を総括し、様々な関係機関とのネットワークの調整をします。社会福祉士は、高齢者からの様々な相談に応じるのが主な仕事です。

 

そして、保健師は主に、高齢者の今の状態に合わせた介護予防を担います。要介護認定を受けた高齢者に介護予防教室を実施したり、地域のボランティアや介護に悩みを抱える家庭にセミナーを開いたりします。

 

地域包括支援センターでは、個々の状況に合わせた対応が求められるため、幅広い知識と多くの経験が必要とされます。そのため、募集は経験者のみと指定されている場合がほとんどです。採用には専門業務に関しての知識量もさることながら、人となりが重視される傾向があるようです。

 

地域包括支援センターは、わりと新しい業務のため、職場を選ぶ判断基準も悩むことも少なくありません。そうした悩みや不安を解消するには、保健師専門の求人情報サイトを利用すると良いでしょう。

 

保健師専門の求人情報サイトでは、求人票だけではわからない職場の情報を事前に調査しているので、事前に、どういった雰囲気でどのような仕事をするのか、担当者から教えてもらうことができます。実際に見学できる場合もあります。

 

誰でも、転職には不安を感じるものです。応募前に少しでも疑問や悩みを解決し、転職に対するストレスを軽減できるよう、求人情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか。

保健師求人サイト人気ランキング